土地活用の方法には立体駐車場を行う選択肢もあります

img-1

土地活用を行って収益を上げる方法としては、立体駐車場を運営する方法があります。

お手軽さが魅力のISMSの取得の情報なら当サイトにお任せ下さい。

立体駐車場の種類としては、機械式のものと自走式の2種類に分けることができます。

機械式の立体駐車場のときには比較的狭い土地であっても、多くの台数の車を収容することが可能になります。

大阪のwebページ制作情報のことならお任せください。

自走式の立体駐車場の運営を行うときには、広い土地を所有していることが条件となります。

立体駐車場を行うときには、広さに応じた土地活用をする必要性があって、いくつかの種類の中から自分の所有している土地活用を行うために最も適した選択をすることになります。
タワーパーキング式の立体駐車場であれば1台あたりの予算は、200万円から考えておいたほうが良いでしょう。

多段式の立体駐車場であれば、1台あたりの値段は50万円ほどかかるものと計算しておく必要があります。

モービルマッピングといえばこちらです。

プレハブの自走式立体駐車場であれば、坪あたり40万円ほどの費用で建設することが可能です。



一般的には1か月に得られる駐車料金の収入分の100倍以内に予算規模を抑えることで、立体駐車場経営を軌道に乗せることができると言われています。
主に都心部では駐車場不足が深刻な状況となっていますので、有効な土地活用の方法と言えますが、タワーパーキング式の立体駐車場を行うときには、建築物として法律的な制限がある場所が多くなります。


所有している土地の条件を把握して、用途として立体駐車場の建設に適しているか判断する必要があります。



最初から建設することが不可能な土地の場合もありますし、道路の幅員の影響で制限を受ける場合もありますので、事前確認をしっかりと行ってから検討することがおすすめです。



関連リンク

img-2
土地活用としてのアパート経営は節税になります

土地活用として多くの人に選ばれるものに、アパート経営を検討することが挙げられます。アパート経営を行いたいと考えている人には、土地資産に関して持っている問題がある場合が多いです。...

more
img-2
土地活用はメリットだけでなくデメリットも考慮する

せっかく土地を持っているのに何もしていなければ、単に税金がかかるだけの、無用の長物になりかねません。土地活用して、収入を増やす方法を検討してみてもよいでしょう。...

more
top